安心して摂取できる

有機野菜と表示するにはあらゆる原則があります。
3年以上農薬が使われていない畑で作った野菜であることに加えて、自然の力で育て、農薬を使用していない野菜のことを指します。
しかしながら、100パーセント農薬を使用していないわけではありません。
農薬といっても、身体によくない影響を与えるものから、野菜の成長を早めるだけのものまで様々です。
基本的に、有機野菜と名乗る基準が、「遺伝子組み換えでない」「放射性物質が含まれていない」ということが大前提となります。
そういった身体によくない影響を与えるものが含まれていないので、有機野菜の安全性は非常に高いといえます。

日本では昔から多くの野菜を栽培していますが、今では市場価格の値下げ競争に伴い、外国からの輸入野菜も多くあります。
有機野菜と認められた野菜には、「有機JASマーク」というマークがついています。特にこのマークがついているものは、農林水産省の検査に認められた農作物ということになるので安心して身体にいれることができます。
ここで注意しておきたいのが、有機JASマークがついているからといって農薬が一切使用されていないわけではありません。
農林水産省に安全なことを認められた農薬の使用は可能なので、何種類価の農薬を使用しているものもあります。
ただ、通常の野菜に比べるとはるかに安全性は高いといえます。近年では価格が安い野菜も多くありますが、これにはどのような農薬が使われているかまでわかりません。
それに比べると有機野菜は非常に安心して食べることができる野菜といえます。