栄養価が高い

近年、有機野菜やオーガニック製品のブームに伴って、よりよいものを身体に与えようとする人が多くいます。
中でも、農薬を使用しないとされる有機野菜は人気が高い傾向にあります。
有機野菜には、その野菜によりますが、通常の野菜に比べると栄養価は高いと言われています。
通常の野菜と比較しても、農薬を使用しない分、野菜自体が害虫や病気から自分の身を守るので多くの抗酸化物質が作られるとされています。
特にフェノール系抗酸化物質が、通常の野菜と比較して6割以上も多く含まれているという実験結果もでています。
このように、抗酸化物質を多く含むことと、農薬が含まれていないということで、より高い栄養価を身体に吸収しやすいといえます。

抗酸化物質の多い有機野菜は、摂取することによって廊下や疾病に効果が大きいと言われています。
原則として、3年以上農薬を使わない畑で作った野菜を指しますが、農薬に入っている化学物質を身体に取り入れることが無いので、身体の健康を維持することができるといえます。
特に有機野菜に多く含まれる抗酸化物質には、身体の活性酸素を取り除く効果があるとされています。
活性酸素自体が老化と疾病の原因になるので、有機野菜の摂取は予防効果が高いといえます。
その他にも抗酸化物質と共にその野菜に含まれるビタミンやカロテンなどの栄養素を吸収できるので、非常に身体のためになる野菜といえます。